Besides {being a|as being a|as a|like a} {a unique|a distinctive|an original|an exceptional} stylist on trumpet, it’s sister instrument flugelhorn {and big|and large|and massive} brother valve trombone, plus  the flute {family of|group of|category of|class of} C and alto flutes, Gabriel Mark Hasselbach {is arguably|could well be|might just be|is possibly} {the foremost|the top} progenitor  of electronic and digital wind instruments in Canada {if not|otherwise|or even|or else} {the US|the united states|the usa|america}, performing {on the|around the|about the|for the} Akai EVI 1000/2000 ({known as the|referred to as|called the|referred to as the} EVI or EWI (ee-wee) {as far back as|dating back to|dating back|way back to} 1985. {He also|Also, he|Younger crowd|Actually is well liked} {has a|includes a|features a|carries a} firm grasp on early and current competitor%u2019s brands, {from the|in the|from your|through the} early Casios and Yamaha Windjammer, WX 7 and WX 11. {The new|The brand new|The newest|The modern} {breed of|variety of|strain of|type of} wind instruments is USB based {and has|and it has|and possesses|and contains} evolved tremendously, but Gabriel has {such a|this type of|this kind of|a real} fluid touch and expressiveness {on the|around the|about the|for the} original EVI, {that it|it|which it|who's} remains his favorite non acoustic instrument. Remember, {an electronic|a digital|an electric|an electronic digital} wind instrument {is really|is actually|is absolutely|is basically} {just a|only a|merely a|simply a} synthesizer for horn players, {and can|and may|and will|which enable it to} trigger {a plethora of|an array of|various|numerous} sounds, but requires skill {and an|as well as an|plus an|with an} intuitive design {to be|to become|being|to get} {an effective|a highly effective|an efficient|a powerful} tool {in the hands of|at the disposal of|within reach of|to} {a player|a person|a new player|a gamer} {used to|accustomed to|utilized to|employed to} the nuance and {control of|charge of|power over|control over} {a real|a genuine|an actual|a true} wind instrument.
 Breath, lip and pitch bending, vibrato, and range {all have|have the ability to} to {be taken into consideration|be considered}. For Gabriel, the EVI {is still the|remains the|remains to be the|continues to be} benchmark {for this|with this|because of this|just for this} idiom. Gabriel {is the|may be the|will be the|could be the} featured artist {at the|in the|on the|with the} boutique label www.WindtunnelRecords.com, {and there|there|where there|high} {you will find|you'll find|you will discover|you can find} his complete catalog of physical and digital releases. Downloads {are also available|can also be found|are offered also|can be found} from outlets {such as|for example|including|like} CD Baby.com, iTunes.com, Amazon.com, {and others|yet others|among others|while others}
flute, and digital winds. {He has|He's|He's got|She has} had substantial playlist and chart success {in the past|previously|before|during the past} {with his|together with his|along with his|regarding his} dozen albums, over seven Billboard top 20 charting tracks. Gabriel {is a|is really a|can be a|is often a} multiple JUNO award winner, {as well as the|along with the|plus the|and also the} {recipient of|person receiving|people receiving|parent receiving} Album {of The Year|of the season|of year|of this year} and Instrumentalist {of the Year|of the season|of year|of this year} awards {at the|in the|on the|with the} Canadian Smooth Jazz Awards, {and has|and it has|and possesses|and contains} received several gold and platinum record awards. {He is|He's|He could be|He or she is} also  {adept at|skilled at|good at} mainstream jazz, and spent {two months|8 weeks|2 months|60 days} {on the|around the|about the|for the} Jazz Week charts, the definitive {guide to|help guide to|self-help guide to|help guide} straight-ahead jazz. However, {the field|the area|the sector|area of} {in which|by which|where|through which} Gabriel really blossoms is contemporary jazz, or {as it is|because it is|since it is|as it's} {often referred to|known|also known as|also called},  smooth jazz. Gabriel says {that there is|that there's|that there are|there's} {something that|something which|a thinging} reaches him the deepest {in that|for the reason that|because|in this} idiom, {because the|since the|as the|for the reason that} melodies are memorable, the rhythms are strong, {and the|and also the|as well as the|along with the} artist%u2019s expression through improvisation {is more|is much ore|is a lot more|is a bit more} {akin to|similar to|comparable to|quite like} rich permutations of {  texture|texture and color} {rather than the|as opposed to the|instead of the|rather than} angular, mathematical, {and sometimes|and often|and quite often|and infrequently} abrasive timbre of %u2018modern jazz%u2019- {the hard|hard|the difficult|the tough} edged warriors who push the aural envelope. {The list|Their email list|This list|Their list} of artists that Gabriel has recorded or performed with read {like a|just like a|being a|as being a} Jazz and Pop  who%u2019s who: Michael Bubl�, George Benson,  Bob James, Brian Bromberg, Chuck Loeb, Jeremy Monteiro, Robben Ford,  Jeff Lorber, Paul Brown, Marc Antoine, Miles Black, Rock Hendricks, Dave Koz, Spyro Gyra, 480 East, Nathan East, Harvey Mason, David Sanborn, Warren Hill, Darren Rahn, Alexander Zonjic, Heart, Long John Baldry, Little Richard, Ben E. King, Long John Baldry, Powder Blues, John Lee Hooker, Amanda Wood, Brian Simpson, and {a host of|a number of|numerous|quite a few} others.
Copyright 2018 Wind Tunnel Records.com
What are Wedge Mouthpieces? Who is Jeff Lorber? Who is Marc Antoine? Who is Rock Hendricks? Who is Paul Brown?  What is jazz? Best smoothjazz? What is muted trumpet? Who plays best jazz flugelhorn? What is jazz flute? Who is popular trumpeter?
  the new release from Gabriel Mark Hasselbach
Jazz  ジャズ Jazz trumpet  ジャズ・トランペット Muted trumpet  ミュート付きトランペット Classic jazz  伝統的ジャズ Smooth jazz  スムース・ジャズ Flugelhorn  フリューゲルホーン Jazz flute   ジャズ・フルート Contemporary jazz  コンテンポラリー・ジャズ Chris Botti  クリス・ボッティ Rick Braun  リック・ブラウン
Windtunnel Records presents
MidCentury Modern
WaKaNa(稲村和佳奈)
CDリリースイベント動画
ガブリエル&ジェフ・ローバー(日本語サイト)
ジョージ・ベンソンとの共演動画
東京アメリカンクラブ
パークハイアット新宿
クロサワ楽器ワークショップ
ミッドセンチュリー・モダン
ウインドトンネル・レコード社がお贈りする
ホーム
ニュース
音楽
動画
ギャラリー
フェイスブック 
ブログ
無料プレゼント
他のリンク 
ガブリエル・マーク・ハッセルバッハの最新リリース
新作動画「ミシシッピージャンプ」
数々の賞を受賞したホルンの達人、ガブリエル・マーク・ハッセルバッハがお贈りする
3種類のジャズの絶妙なミックスの最新リリース
ミッドセンチュリー・モダン
ガブリエルの音楽は少し謎めいている。その音楽的<語彙>が一つのジャンルや楽器で描かれていないからだ。 楽器は、トランペット、フルート、フリューゲルホルン、バルブトロンボーンだけでなく、それ以外の管楽器も 用いる。今回は、アーニー・ワッツ、コリー・ウィーズ、マイルズ・ブラックの他、カナダのグレゴリー・ポー ターとも呼ばれるマイク・テーラー等、各々独特の名ジャズ奏者との共演で、ハードかつ繊細にスウィングする メインストリーム、研ぎ澄まされたコンテンポラリー、さらにカラフルで愉しいニューオーリンズと、ジャンル 3種を絶妙にまとめたアルバムをお贈りする。
ガブリエルは最近ニューオーリンズを再訪、マホガニー・ジャズホール及びニューオーリンズ・ジャズ博物館に おけるジャズフェスで、CDリリースコンサートを3回、またブルーフロッグ・スタジオでカナダ市場向けCD リリースショーも行った。
10数作に及ぶリリースが高評価を得ているガブリエルだが、最も良く知られているのはコンテンポラリー・ジ ャズのCDで、これまで同ジャンルでビルボードチャートに7回ランキング入りしている。その作品集の中で も、メインストリームのアルバム2作がジャズウィークチャートに入ったガブリエルは、最新リリース作<ミッ ドセンチュリー・モダン>でメインストリーム・ランキングのトップを狙っている。
アルバムの一曲目であるミシシッピー・ジャンプは、ブルー・ミッチェルの名曲のリメイクで、まさに砂漠のガ ラガラヘビのようにジャンプするような曲だが、コンテンポラリージャズ放送向けにリミックスされたものもボ ーナストラックとして収録されている。かのジャズ・クルセイダーズの言葉通り「Put it where you want it」なのだ。
ガブリエルは、モントルー、ノース・シー、ニューポート、チャンドラーなど各地のジャズ・フェスティバルで 公演を行ってきた。日本やシンガポールでも公演を行い、シンガポールでは大統領の面前でも演奏した。またあ のビル・ゲイツ氏の自宅でも演奏したことがある。ジェフ・ローバー、チャック・ローブ、ポール・ブラウン、 ブライアン・ブロンバーグ、ウォーレン・ヒル、ボブ・ボールドウィン、カルヴィン・ハリス、ボブ・ジェーム ス他大勢の著名アーティストとも共演している。
コンテンポラリーとクラシックとの微妙な境界線を辿りながらも、叙情詩的で色彩とテクスチャーに満ち溢れ た、滑らかで途切れのない演奏。影響を受けたアーティストは、伝統派のブルー・ミッチェルやチェット・ベイ カーから、同世代のクリス・ボッティやリック・ブラウンまで幅が広い。
ガブリエルのような演奏家は他にはいない。トランペット、フリューゲルホルン、フルート、バルブトロンボー ンや電子管楽器を駆使し、魅惑的で変化に富んだその豊かな音色は、優雅で叙情詩的なものだ。自身のビルボー ドランキング入りヒット7曲の他にも、グレッグ・マニング、ロック・ヘンドリックス、トニー・サンダーズ、 ジョン・ボルドリー等のヒット曲にゲスト・アーティストとして参加している。
米国コロラド州デンバーで生まれ育ったガブリエルは、現在カナダのバンクーバー在住で、同市及び米国アリゾ ナ州フェニックスとルイジアナ州ニューオーリンズを中心に演奏活動を続けている。10数作に及ぶ自身のアル バムだけでなく、他の数々のアーティストのアルバムにも参加。これまで、モントルー(スイス)、ノース・シ ー(オランダ)、JVC(ニューポート)、日本、シンガポール、フィリピン、メキシコ、カナダ及び米国で公 演を行い、ライブだけでなく、多くのラジオやテレビ出演、またファンの間のソーシャルメディアネットワーク によってファン層を広げてきた。
コンボなど少人数のグループからビッグバンドまで、あらゆるスタイルのジャズにぴったりの演奏を聴かせてく れる。マイケル・ブーブレとは各地でのコンサートや数作のアルバムでも共演し、アルバムDREAMでは制作 も担当している。その他にも、ジョージ・ベンソン、ボブ・ジェームズ、ジェフ・ローバー、ポール・ブラウ ン、グレッグ・マニング、チャック・ローブ、ブライアン・ブロンバーグ、リトル・リチャード、ジョージ・ベ ンソン、ジョン・デンバー、トム・スコット、オージェイズ、ジーノ・ヴァネリ、ハート、ダレン・ラーン、マ ーク・アントワン、ジョン・リー・フッカー、ロング・ジョン・ボルドリーなど大勢の人気スター達とライブで の共演や収録に参加している。
これまでの受賞歴は、ジュノー賞 (カナダ版グラミー賞)の他、 JUNO/Technics 「オールスターバン ド」賞を2回、ウェストコースト・ミュージック賞、ジャズ・イン・ザ・パーク祭の最優秀インストゥルメンタ ル・パフォーマンス賞、 Ampexゴールデン・リール賞、その他パウダー・ブルース等初期の所属グループに よる数枚のゴールド及びプラチナアルバムがある。2011年には「TOLD YA SO」がCanadian Smooth Jazzの最優秀アルバム賞及びインストゥルメンタル・オブ・ザ・イヤーの両方に輝いた。